natumn.blog

なつめ(ん)?ブログ

2018年の振り返りと2019年のやっていきたいこと

2018年が終わる...

今年も結構色々ありました。2018年を振り返りつつ、2019年やっていきたいことを簡単に書き残しておきたいと思います。

今年の振り返り

1月から順に振り返ります。

1月 ~ 2月

1月と2月は会津の某IT企業のアルバイトで入っていた受託サービスの納期が結構近くて2月末までRubyをかいていました。そして、約2年間勤めていたそのアルバイトをやめました。やめた理由は色々あるけど、簡単にまとめるともっと刺激的な環境で働きたい、時間を使いたいと思ったからでした。
そのアルバイトは大学に入ってすぐの4月終わりごろから入り、その頃はプログラミングなんて全くやったことがないド素人だったけど、教えてもらいながらちょっとずつ業務をこなしていきながらものが作れるようになってきました。こうして今もプログラミングやっているのはたぶんそこにいたおかげで、2年の間にお世話になった方々には本当に感謝しています。

ちなみにそれ以降はインターンだったり、業務委託をしながらフラフラしています。

3月

3月はネクストカレンシー社にインターンで行っていました。すごく楽しかった...! という記憶が残っています。
やっていたこととしては、GAE/Goによるサービス開発でメンターさんや同じインターン生から設計に関してのアドバイスをもらったり議論してとても勉強になったし、楽しかったです。また、六本木でのプログラマとしての生活は私にとってとても新鮮で、ワクワクすることばかりでした。いろんな方と会えたり、仕事をこなしたりして刺激的な一ヶ月となりました。この辺りから新規プロダクトとかやっていきたいという気持ちが高くなっていった気がする。
誘ってくれた@yuzushiohに感謝!

4月 ~ 7月

5月には会津春の大LT大会がありました。企業の方や会津大学の学生が集まり、とてもいい会でした。
私は簡単に作ったツールの紹介なんかをしました。

speakerdeck.com

また、@tenntennさんのGo言語の授業が行われたり、これは11月くらいからの話ですが iOSブートキャンプという元会津大学出身でサイバーエージェントのエンジニアさんのiOSアプリ開発の授業が行われたりしていました。
会津大学が様々なことを学べるいい環境になっていくなと感じました。

あと、研究室の活動がぼちぼち始まりました。私の所属する研究室は定理証明支援系やFRPを扱う研究室で入ってすぐにプログラミングHaskell講座という勉強会を行います。そこから初めてHaskell触り始めましたけど、 参照透明性とかHaskellもとい関数型の考え方が学べ興味深かったです。

教科書↓ https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0Haskell-Graham-Hutton/dp/4274067815www.amazon.co.jp

その間もリモートですが、ちょこちょこネクストカレンシー社のお手伝いをさせてもらっていました。

8月 ~ 9月

8月中旬あたりから9月末までアカツキのGAE/Goのインターンにいっていました。

Akatsuki Internship2018|Google App Engine (GAE) / Goを使ったAPIの開発|採用情報|株式会社アカツキ(Akatsuki Inc.)

アカツキのatlasという主に技術基盤の開発を行うチームに入り、開発を行わせてもらいました。日々の業務はもちろんですが毎週開かれるGCP勉強会や個人的に触りたかったKubernetesによるインフラ構築の手伝いなどやってみたいことにも挑戦させてもらい技術やサービスと真剣に向き合える楽しい環境を提供してもらい、いい時間を過ごせました。

また、その間に友人二人と群馬県伊香保温泉でISUCON温泉合宿をしたのですが、温泉 × コーディング の組み合わせはQOL上がるのでオススメです。

f:id:nktafuse:20181231202142j:plainf:id:nktafuse:20181231202019j:plainf:id:nktafuse:20181231190727j:plain

ちなみにISUCONなのですが、残念ながら今回は予選で負けてしまいました... 来年こそ勝ちたい。

あとはStudentGoのビギナーズセッションで登壇したりと今年も充実した夏休みを過ごせました。

speakerdeck.com

10月 ~ 12月

この三ヶ月は基本的にリモートで業務委託(11月から)を受けながら、オートマトンと言語論、言語処理系論や人工知能の授業などを受けてました。
このころから友人たちの影響もありVtuberにハマってにじさんじの配信とか最近でたIRIAMの配信をみて、Vtuber業界もおもしそうだなぁとか思ってました。
イベントとしては会津秋の大LT大会でFlutterについて話しました。これを話した経緯はその2週間くらい前に参加したハッカソンでFlutter触ってみて楽しかったからとかそんな感じでした。

speakerdeck.com

またGo Conference 2018 Autumnにいってきました。ここにまとめてあります。

nktafuse.hatenablog.com

一年通して

今年もだいぶ楽しい一年になりました。技術的な成長もできたし、様々な方と知り合えてよかったです。 ただ、OSSやブログのアウトプットが少なかったなと思いました。

来年について

2018年を踏まえ、2019年にやっていきたいことをまとめます。

1. 長期的にプロダクトに入る

今一番この気持ちが強いです。今年はインターンという形で様々な企業に行けたのですが、長くて2ヶ月前後だったりして、それだとやはり事業に関わるには短いなと感じました。また、身近な人が起業だったり、スタートアップで活躍している姿をみて私ももっと主体的にプロダクトを作っていきたいという欲がこの一年間を通して出てきました。そのためにも来年は長期的にプロダクトに入り作っていきたいです。4年で授業が少ないとはいえ、会津大学に通いながらだと大変だと思いますが今一番やりたいことなので頑張っていきたい。お誘い待っています!

2. アウトプット増やす

今年も見返すとOSSとかブログとかのアウトプットがあまり多くないな感じました。特にブログ。プログラマとしてアウトプットは大切だと思うので、来年は積極的にやっていきます。具体的には

  • 毎日GitHubにコントリビューションする (ツールとか作っていきたい)
  • 月に1本以上ブログ書く

からやっていこうと思います。

3. 運動をする

大学入ってからずっとなのですが、運動する習慣がなくなってしまった。精神的にも肉体的にも有酸素運動とか重要だということはわかっているので、サッカー部、バスケサークル、ボルダリング、加えて筋トレとか毎日1時間くらい運動していきたいです。

おわりに

色々な人に助けてもらって今年も充実した一年が送れました。 やりたいこと多すぎて生活がうまく回らなそう...という不安がありますが、来年も良い年にしてきたいと思います。

それでは、良いお年を。